美肌力を引き出す

肌本来の力を取り戻す

10代の洗顔から始まったスキンケア
私達のお肌は、その時からの積み重ねで作られています

肌そのものの潤う力
刺激や紫外線に負けない力
ターンオーバーができる力

【年齢だけで失われたのではありません】

mayunowaでは、これから先の肌が、少しでも自ら潤い・守り・代謝できる、健康的で美しい肌へと近づける事を一番に考え、塗り過ぎ・やり過ぎからの卒業と余計なものを入れない、お肌目線のお手入れ習慣をサポートします


口から入るものと同じように、肌から吸収されても安全であること

そして

作り手が分かるものしか選ばない

当たり前のようで、見えにくくなってしまった感覚を取り戻すことも、美しさの一歩です

(mayunowaの美容法は特許出願済みです 特願2016-233302)

絹美容トライアル

クレンジング
繭肌磨き(洗顔)
はぐみグリーンパック
絹布パック
お仕上げ


絹美容フェイシャルエレメント

クレンジング
繭肌磨き(洗顔)
繭糸肌磨き(脱毛)
はぐみグリーンパック
絹布パック
お仕上げ

絹美容シグネチャーフェイシャル

温和絹手毬(ハーフ) ☆
クレンジング
繭肌磨き
繭糸肌磨き
はぐみグリーンパック(デコルテ込み)
はぐみグリーンフェイスマッサージ ☆
絹布パック
お仕上げ (☆のどちらかを選択)

絹美容シグネチャーインボディ

温和絹手毬(フル)
クレンジング
繭肌磨き洗顔
繭糸肌磨き
はぐみグリーンパック
絹布パック
お仕上げ

絹美容シグネチャーリトリート

温和絹手毬(フル)
クレンジング
繭肌磨き
繭糸肌磨き
はぐみグリーンパック
はぐみグリーンフェイスマッサージ
絹布パック
お仕上げ

やさしく取り除く

過度の界面活性効果は肌のバリア機能である皮脂膜を壊してしまうばかりでなく、肌の常在菌を戻りにくくし、菌の多様性を損ねてしまう可能性があります。バリア機能を失った肌は経皮吸収のリスクもさらに高まることから、敏感肌、アレルギー症状の引き金になるともいわれています。
セリシンで磨くというmayunowaの新発想は、今考えられる最善の洗顔方法を提供します。

バリア機能のサポートと菌の活性化

常在菌を極力傷めずに、肌を清潔にリセットしたあとは、肌表面を外界の刺激からやさしく守ることが大切です。刺激とは紫外線やPM2.5などだけでなく、防腐剤や顔料、香料などが入ったコスメや様々な日用品ももそれにあたります。
mayunowaは自己組織化機能を保持するようにつくられた高分子シルクを主体としたバリア機能のサポートと、菌の代謝物を与えることによる肌常在菌の活性を組合せ、健康で自らが潤う力をもつ美肌の土台を作ります。