【シルクの守るケア】お話の続き❤︎

美しい肌とは、どのような状態を想像されますか?

サロンへ来られるお客様にもよく質問させて頂くですが…
ほとんどの方が、赤ちゃんのお肌を例えに出されるんです✨

柔らかな赤ちゃん肌
もちもちの赤ちゃんみたいな肌
ぷるぷるの赤ちゃん肌
などなど❤︎^^
「赤ちゃんのお肌は、なぜ柔らかくてもっちり肌なのでしょう…?」

お肌の水分も皮脂も、成人の1/3程しかないと言われる、赤ちゃんのお肌。

なのに
ほとんどの赤ちゃんは、油分や水分を与えなくても、みずみずしくて柔らかなお肌ですよね?^^

その理由は、「ラメラ構造」にあるといわれてます!!

美しいお肌の特徴は、
水分・油分の量よりも
ラメラ構造が整っている状態
で決まります。

「ラメラ構造のバランスを崩さない」って、すごーく大切なんですね^ – ^

鎧の働きをしている皮膚(角質)
それは、余計なものができるだけ浸透しないようになってます。

なぜって、浸透する事で、組織のバランスを崩してしまう事があるから。

絹美容では、その角質を守り、保護するリカバリーケアで、
【ラメラ構造のバランスを崩さない】
お手入れを実現する事が特徴です!

(…ラメラ ラメラちょっとしつこいですね💦)

絹美容は、他のエステとはまったく違うアプローチですが、、

しっかりと肌が自分のチカラで潤ったような実感を、きっと得られるはずです!

是非、刺激の多い春から、お肌をシルクのヴェールで守るケアをスタートしてみてください^^❤︎